HOME 製品情報 inpres RMX カスタムオーダー 試打・フィッティング カタログ 契約プロ

GOLF LIFE 向谷 実 inpres UD+2

向谷 実プロフィール
東京都出身。A型
1979年にフュージョンバンド「カシオペア」のキーボーディストとしてデビュー。日本のフュージョンを代表するグループとして国内外で活躍し、多くのファンを持つ。1985年、株式会社音楽館を設立し代表取締役社長に就任。熱狂的な鉄道ファンとしても知られ、1995年に世界初の実写版鉄道シミュレーションゲーム「Train Simulator」を開発。その技術が鉄道会社や博物館に高く評価され、現在数多くの業務用シミュレータを制作する。

ここ4~5年で一気にゴルフ熱が高まった向谷さん。難易度の高いコースのメンバーとして、クラブ選びやトレーニング等、スコアアップのための努力も欠かしません。ミュージシャンと実業家、2つの顔を持つ向谷さんの感性で感じるゴルフライフ、ぜひご覧ください。

ミュージシャンであり、実業家でもある向谷さんの一日のルーティンを伺いました。
ゴルフと同じで日々の決まったリズム、やっぱり大事ですよね。

「週に一度は趣味のパーソナルトレーニングへ」
最近の趣味はパーソナルトレーニングで、仕事終わりに週に一度は通っています。
以前、仕事前に行ったこともあるのですが、その日は身体がバキバキ、頭はボーっとしてしまい仕事になりませんでした(笑)
「家には【調べものセンター】があるんです」
食後はさまざまなことをしています。大好きな考え事の時間にしたり、読書や調べものをしたり。【調べものセンター】という部屋を作っています。音楽を楽しむときは、ひたすらピアノを弾いています。ヤマハのクラヴィノーバです。

カシオペアというバンドでミュージシャンとして1970年代から活動しており、今までに40枚以上のアルバムを出させていただきました。ちなみに、デビュー前にはネム音楽院(現:ヤマハ音楽院)に通い、ヤマハの音楽能力検定も持っています。ただ、一人の人間として生きていく上で、音楽だけではなくリスクヘッジをしなければならないと考えるようになりました。色々やりたいことがあった中、個人の音楽活動を主とした会社を興したのが1985 年。
その会社が1995年より鉄道関連のコンテンツを扱うことになり、今では運転士車掌連携の業務用鉄道シミュレータや、音楽の方でも全国各地の駅の発車メロディー、車内BGM の制作などを行っています。

会社は当初3,4人だけだったのですが、どんどん増えて30〜40人になり、今では70人くらいの規模になりました。
面白いことに、そのくらいになってくると相乗効果なのでしょうか、誰かがやりたいと思ったことがみんなの力でうまいこと商品化につながり世の中に出て評価いただけています。これって音楽が世に出るプロセスと近いんですよ。会社というオーケストラやビッグバンドを指揮している、そんな雰囲気です。

音楽とゴルフは共通点があると思っています。だから自分なんかはもっと上手くなってもいいタイプだと思っているんですよ(笑)。
その時に応じて音を出し入れする。これは残り距離や状況を見てクラブを選択することに似ています。リズムが大事という点も同じです。
それなのに、なんで上手くいかないんでしょう?(笑)

今日フィッティングしてもらったinpresですが、以前に比べて音がとてもよくなりましたよね!
特にナイスショットした時の音がとても良い。
スイートスポットに当たった時の音は断然良いです!
さすが、音楽のヤマハの技術ですよね。
ついついその音が聞きたくて、打ち続けたくなります。
今日も手の皮がむけるくらい打ってしまいました(笑)。
周りの人もエッと思うような良い音色です。

今年の目標はコンスタントに80台でプレーしたい。オフィシャルハンディも15以下にしたいです!
僕らアマチュアゴルファーは、いざコースに立ってクラブを構えると失敗の記憶ばかりよみがえってくる。それが力み入ってミスをする。それがまた記憶されるという悪循環に入ってしまいます。でも、inpresのようにミスが出にくいクラブを使うことでとてもリラックスしてプレーできる。しかもこの打球音がとても鮮明なので、記憶にも残ります。inpresは目標達成の強い味方になってくれそうです!

フィッターより今回のクラブについて

スライスが出やすいと言うことでヘッドはつかまりが良く曲がりづらいinpres UD+2を選択しました。日頃からパーソナルトレーニングで身体を鍛えていてパワーがある向谷さん。ヘッドスピードに比べてシャフトのしなりの量が多いタイプなので、中調子の純正Sシャフトがマッチ。方向性も良くなり、しっかり振れることで飛距離もさらに伸びました。
セッティングについて、打ち出し角が低い向谷さんに合わせて、UTの#6をお勧めしました。
今までUTは使ったことが無いためアイアンの#6を入れたいとおっしゃっていましたが、より球の高さが出るUTはグリーン上でしっかり止まってくれるので、80台を目指す上での有効な武器になると思います。

撮影:2021年1月

向谷 実さんの

  • GOLF LIFE × 弘兼憲史 × inpres UD+2
  • GOLF LIFE × 山内鈴蘭 × inpres UD+2
PAGE TOP