HOME 製品情報 inpres RMX カスタムオーダー 試打・フィッティング カタログ 契約プロ

GOLF LIFE 向谷 実 inpres UD+2

山内 鈴蘭プロフィール
SKE48チームSメンバーのアイドル(ホリプロ所属)
2009年にAKB48第9期研究生オーディションに合格。2014年からSKE48のメンバーとなりアイドル活動をしながら数々のトーナメントのプロアマ戦に出場。更に、ゴルフアパレルブランド「Gorurun(ごるらん)」をプロデュース。ゴルフを広げる活動に力を入れている。ニックネームは「らんらん」。出演するゴルフ番組「みんなでBINGOLF」が2021年4月よりスタート。

アイドルゴルファーの先駆者である山内鈴蘭さん。デビュー当時から変わらず続けてきた【アイドル】と【ゴルフ】も、最近は少しずつ変化してきているとのこと。これまでの成長やこれからの目標など、常にゴルフと向き合っている山内さんのゴルフライフについてご紹介します。

アイドル・山内鈴蘭さんの一日を伺いました。様々な分野で活動を行っている山内さん。
ひとつひとつの積み重ねが良い結果につながるのはゴルフと一緒ですね。

「毎日ゴルフのことを考えています」
練習やプレーに行かない日も、ジムでゴルフのためのトレーニングは欠かしません。体幹トレーニングを中心に色々なトレーニングを「今のトレーニング、ゴルフのコレに効果あるなぁ」とか考えながら行っています。そして、毎晩必ずゴルフクラブを握ってから、寝るようにしています。さすがに、一緒には寝ないですが(笑)
「ゆっくりするのは月に1回くらいです」
スケジュールをギュッと詰め込みたいタイプで、何もしていない時間を作りたくないんです。だから、家に全然いないでセカセカしています。月に1回くらい「すごい疲れたなぁ」と思った時に、お昼ごろまでゆっくりしますね。

ゴルフ歴は、9歳からなので17年になります!大人になり、プレーだけではなく【ファッション】や【ギア】のような、ゴルフのいろいろな面が好きになってきました。また、「もっとゴルフを好きになってもらいたい」と思うようになり、ゴルフをしている人に会うと、ゴルフの話を聞きたいし、仲良くなりたいという気持ちがとても強くなり縁が広がっていきました。今は特に、若い人にゴルフを楽しんでもらいたい。
そのために、今までの【ゴルフ】という型にはまらない新しい楽しみ方を作り、発信していきたいと思うようになりました。

アイドルはゴルフと違ってグループ活動なんです。周囲と溶け込みつつ、より良いものを作っていく。一方ゴルフでは、周囲は敵ばかり。そんな経験から、周りと一つになるということは苦手でした。しかも、溶け込みつつもその中で見つけてもらわなければいけない。個人競技のゴルフで育った私には難しくてとても葛藤しました。そんな時に武器になってくれたのもやっぱりゴルフでした。ゴルフのおかげで、他のアイドルにはない、唯一無二の存在感を得ることができました。歌もダンスもゴルフもできるアイドルということで山内鈴蘭を見つけてもらえています。

ゴルフもアイドル活動も、ひとつひとつを丁寧にやることが大事だと思います。
18ホールのプレーの中で、ついついサボりながら打ってしまうショットもあると思います。距離やライの確認とか、いつもだったらちゃんとするのに、ちょっとサボってしまう。その結果、大きなミスになってしまいます。
アイドル活動も一緒で、歌でもダンスでもイベントでも、ちょっとサボるとすぐにミスにつながってしまうんです。だからこそ、必ずマネージャーさんと「ここ良かったよね!」「ここ失敗だった!どうしたらよかったかな?」と確認するようにしています。そうすることで、アイドル【山内鈴蘭】のスコアがアップしていくと思っています。

ヤマハのクラブに変えてから6年になりますが、この6年間のスコアアップがすごいんです!夢だった70台を達成したのもヤマハのクラブです!

私は、ウッドが得意でアイアンが苦手でした。でも、この【inpres UD+2】を使うようになって、アイアンが一番得意になりました。7番アイアンでしっかり150ヤード打てるクラブですから。レギュラーティからのプレーで男性と張り合えるようになったのも、簡単に飛ぶ【inpres UD+2】の飛距離のおかげです。

2021年のゴルフの目標はパープレー。そのためにはドライバーやアイアンの飛距離と精度をもっと高めて、パーオンの回数を増やす必要があると思っています。今日フィッティングしてもらったクラブだったら、それが実現できそう!
そして、ゆくゆくはレッスンプロの資格を取りたいと思っています。自分自身もレッスンプロの方に基本から付きっ切りで指導してもらいました。
今もその大切さをとても感じています。ゴルフを次の子供たちにつなげていくために、私もその役割ができるようなゴルファーになりたいです。

フィッターより今回のクラブについて

以前よりも更にレベルアップしていた山内鈴蘭さん。日頃の練習やトレーニングの賜物だと思います。ただ、少し疲れた時にバランスが崩れてしまい、ミスが生まれてしまうとのことでしたので、今まで使っていたRMXよりも総重量の軽いinpresを試していただきました。
ドライバーは今使っている【RMX218】よりも慣性モーメントの大きいヘッドですので、方向性のブレも少なくなると思います。シャフトはスイングとの相性を考え、少し先端が動いてくれるSpeeder EVOLUTION Ⅶを選びました。
アイアンは19モデルを使っていただいているので、それと同じスペックを中心にフィッティングをしました。結果的には同じスペックとなりましたが、SPEED RIBFACEの効果で、初速と打ち出し角が向上。より弾道も高くなり、しっかりと飛距離が出るようになったと思います。

撮影:2021年2月

山内 鈴蘭さんの

  • GOLF LIFE × 弘兼憲史 × inpres UD+2
  • GOLF LIFE × 向谷 実 × inpres UD+2
PAGE TOP