HOME 製品情報 inpres RMX カスタムオーダー 試打・フィッティング カタログ 契約プロ

メニュー 閉じる
RMX FW UT

スプーンのいらない日が来た。RMX[リミックス] FW

飛距離の進化

真芯で打てる。飛距離を伸ばす。

■カップフェース構造

フェースのたわみの可動域を拡げて反発エリアを拡大するカップフェース構造。SLEルール限界に迫る反発係数0.81を達成。

カップフェース構造

■高効率インパクト設計

芯でとらえて飛距離アップするために、インパクト時のヘッドの姿勢に着目。真芯でインパクトできるようにヘッドを再設計。ヒール側の形状を見直し、低重心化と同じ効果を実現。

インパクト時の重心イメージ

クラウン部の薄肉化とインナーウェイトによってさらなる低重心化を達成。打点と重心がより近づいて飛距離アップに貢献する。

低重心ヘッド構造 インナーフェイト68g(FW #5)

打ちやすさ、狙いやすさの進化

ライを選ばない安定性。

■新 FRICOFF SOLE

インパクト時にヘッドが地面に沈むヒットダウン現象による抜けの悪さを改善するために、新フリックオフソールを開発。さらに接地面積を減少させ摩擦を軽減している。

直進安定性20%アップ

■ストレートボール構造

200yd先のグリーンを狙うために、インナーウェイトの配置を最適化して横慣性モーメントを向上。直進安定性が20%アップし、より確実にグリーンをとらえる性能を身につけた。

※前モデル比 ヤマハゴルフ調べ

インナーウェイトをトゥヒールに広く配置

FW UT

  • RMX FW
  • RMX FW FOCUS
  • RMX UT
PAGE TOP