HOME 製品情報 inpres RMX カスタムオーダー 試打・フィッティング カタログ 契約プロ

メニュー 閉じる

3. ウッドにも課せられたプラス2番手の”約束”。

オールターゲットでなくていい。
それなら、“約束”を果たせるはず。

  • メタルウッドの開発責任者、竹園拓也は正直、面食らっていた。もちろん、新生『インプレス』のコンセプトがアイアンと同じ“プラス2番手”の飛距離アップでいくことが決まったからだ。
    「最初、14年の“RMX UD+2”アイアンと同時にウッド類も出そう! という話があったのですが、正直いえば『RMX』という枠組みの中で2番手アップを狙うドライバーを作るのはかなり厳しいと思いました。なぜなら、『RMX』はゴルファーに合わせてカスタマイズできるシステムが売り。シャフトスリーブによる可変機能は外せません。でも、この可変式は重量を食い、ヘッドの設計自由度を狭めてしまうのです。ならばシャフトを長く、振りやすくするしか……、でもそれでは、約束は果たせないと思いました」(竹園)
    14年の発売は見送られ、その間に『RMX』と『インプレス』の2ブランド体制化が決まる。これにより竹園の中にあったモヤモヤが一気に晴れた気がしたという。「ターゲットゴルファーを明確化すれば、プラス20ヤードは夢ではない! と思えたのだ。
  • 竹園 拓也
    ヤマハ株式会社
    ゴルフHS事業推進部
    商品開発グループ
    ウッド開発担当
  • 抜群のつかまり感を演出する、
    カーボンボディ並みのフリーウェイト。


    『インプレスUD+2』ドライバーのヘッド内部。ヒールのバックサイドにある大きな突起だけで約35g。これが史上最大の重心角度を生み出す秘密だ。こうした巨大なフリーウェイトはカーボンボディにして初めて獲得できるという印象があったが、さすがは薄肉技術で革新を生み出してきたメーカーである。チタンのフルサイズでもこれだけの自由を持っていることに驚く。

インパクト条件を最適化すれば、必ず飛距離は伸びていく。

飛距離不足に悩んでいるゴルファーには二とおりいる。一つは体力が落ち、正確にミートできているのに飛距離が落ちてしまっているケース。そして、もう一つはインパクト条件が悪く、持っているパワーを飛びにつなげられていないケースだ。「新しい『インプレス UD+2』のターゲットは、後者です。とくにスライスに悩み、打点もバラつきがちな一般ゴルファーに、プラス20ヤードをもたらす設計を施しています」(竹園)ヤマハ伝統の広範囲で高初速をもたらす部分肉厚フェースは、ターゲットのゴルファー層の打点分布に合わせ最適化。さらに重心アングルを約34度と同社史上最大に設定した。
「スクエアインパクトを達成するためには、ヘッドのつかまりをアップさせなくてはなりません。そして、フェースのセンターに重心を持ってくることで初速効果を最大化する。さらに、ドライバーでもストロングロフトにすることで、エネルギーロスを防ごうと考えました」(竹園)ドライバーのストロングロフト? そんな話は聞いたことがない。たいていのドライバーは表示ロフトよりもリアルロフトは寝ているものだが、『インプレスUD+2』は、表示通りのロフトとなっているのだ。「単にロフトを立てただけでは、上がらないクラブになるだけです。でも、深重心化したヘッドをさらにシャフト中心軸より後方に置くことができれば、インパクトロフトがついて適正な打ち出しが確保できるのです。ややオフセットに見えるのは、このためです」(竹園)〝RMX“の範疇であったならこれはできないと、竹園はいった。2つの道があるからこそ、それぞれの約束を果たすことができる。常に独自の技術で最大飛距離を求めてきた、ヤマハ。その開発精神はやはり変わっていない、そう思いながら浜松をあとにした。

この記事はゴルフトゥデイ10月号(9月5日発売)に掲載されたものです。
取材・構成・文/高梨祥明(Position ZERO)撮影/阪上恭史

  • 1.に戻る。

    戻る

    PAGE TOP